なんか、うれしいぞぉ~

いや~まあ~ 気にしないでください。書くネタがちょっとだけあるので、今週は苦労せずに書けるかな~ってことで。

で、日曜に見てきた映画のことです。
「サマーウォーズ」見てきたんです。アニメで、2006年に公開された(もう、そんな昔だったのか・・・)「時をかける少女」の細田守監督作品で、かなり~期待して、でも公開から見にくるまで、結構、日にちがかかってしまって・・・
なんか、ここまでの映像をみてしまうと、これって、アニメ?って感じてしまうんですよ。
仮想世界オズの描写とか、CGのアニメだよねって。

アニメといえばアニメなんです、信州上田の陣内家の大家族に、都心の核家族の代表のような小磯くんが現れて、橋田壽賀子ドラマみたいな展開になって、家族の絆ってなんだろうね?って思わされたり。
でも、そんなちょっと前の大家族の話と、ネットワークでつながれているヴァーチャル世界の大家族の話が一緒にでてきて、ちょっと面白かったです。
ちょっと面白かったと書いたのは、ストーリーのネタ自体、そんなに新しい話でもなかったからなんですよ。
ネットワークでつながれたヴァーチャル世界のことだったら、「甲殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 」の方が、もっと突っ込んで描いていたし、なんとなくヌルイかな~って。
自分のアバターが、ネットワークで仕事をして、コミュニケーションを取ったりするのは、オンラインゲームですでに経験していることだし、サーバーがおちて接続できないとか、偽造されたアイテムでアカウント消されることかあったですよ。
一歩先行く映画って感じではなく、半歩ぐらい前行っている映画、って感じですか。

ただ、わたし的には、半歩前っていうのは、ちょっと後ろじゃな?って感じで、「トロン」とか「エイリアン」とか、うぉ~なんかかっちょいい~って感動したものなんですが、それが無かったんです。
ジブリを越せるとか、宮崎駿を失業させれるとか、掲示板に書いてありましたが、それは可能だと思いますよ。
ジブリが描いているのは、近未来とか先のことじゃなくって、今より過去のことですから。
トトロみて、懐かしいと思うけど、最先端とは思わないし、ナウシカにしても、違う世界の話だが、そんなにエレクトロニクスに進化した世界じゃなかったし、昔は良かった、良いものを取りかえそう、と言っている映画ですから、勝てないわきゃ~ないでしょ。

アニメ映画としての出来はいいですが、ものすごくいい映画で、見ないと損!って、お薦めはできない映画、そんな感想です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック