マイケル富岡、ヤキソバン~UFO~!!

今日は、何故かファンでもないのに、「This is it」を見てきてしまいました。
なんだか、深夜の香取慎吾が出ている番組で、劇団ひとりに、
「This is it を見た方がいいよ。」
って、力説してましたので、その刷り込みか?(笑)

見ているとね、なんでこんなことが、映画になるんだ?って映画です。
だって、ライブフィルムでもないし、じゃあ、コンサートツアーのドキュメントか?っていうと、そうでもないし、実際マイケル・ジャクソンが死亡しなければ、この映画は無かった映画、だと思うんですよ。
仮に、まだ生きていて、最初のロンドン公演でも終わった時点で、死亡となると、もっといい内容になったんじゃないか?と思うんです。
だから、ハッキリいうと、前半の2曲目あたりまで、非常に眠かったです。
だって、そんなに知らない曲ばかりで、聞いたって知らねえもん。(爆)
やっと「キャン・ストップ・ラヴィン・ユー」あたりで、目が覚めてきて、あとは、つい画面見ながら歌ってました。(照)
ていうか、「スリラー」と「BAD」しか、聞いてないからのぉ~ オジサンはリアルタイムに。
その後のCDは、なんだかゴタゴタあったっしょ。
だからね、映画的には未完のライブフィルムで、偶然撮っていて、只では起きない商売やね~って関心はします。
マイケルファンにとっては、最後のマイケルのムーンウォークだ!って、感動するかもしれませんけど。
あと、見ていると、「スリラー」が出たあたりで、マイケルはPVとか先端を行っているな、ってイメージでしたが、この映画のマイケルは、なんかね、新しいことは、なんもやってないなぁ~って感想なんですよ。
多分、この世界ツアーが行われたとして、そこから何か新しい発想が生み出されるか?って疑問がありました。
環境問題を提議したって、そりゃーゴア元副大統領が、やってしまっていることだし、スティングが随分前から提唱してたことだし。
いまさら、愛だの環境だの言われてもね・・・と思ってしまうんですよ、ひねくれたオジサンには。(笑)
マイケルファンには、最後の置き土産ってことで、見てもいいんじゃないか。
それ以外の人には、お財布と時間の余裕があるセレブじゃないかぎり、見なくてもいいんじゃないの?って思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック