今月は、皆川亮二のマンガが、2点。

やっとの思いで本屋に行って、買ってきて、もう読みおわっちまった・・・
前にも書いたかな・・・ 書いた記憶はあるけど。(笑)
皆川亮二という漫画家がいます。
そんなにファンじゃないんですけど、出版されている長編マンガは、だいたい読んでいます。
「スプリガン」から始まって、「ARMS」「D-LIVE!!」と。
今、念のためにウィペディアで調べたら、長編は全部読んでおるやんけ!(汗)立派なファンやろ!
「スプリガン」は、劇場アニメとして映画化され、「ARMS」は「プロジェクト・ARMS」として、TVで放映もされました。
インディ・ジョーンズっぽくて面白いなぁ~と思いながら読んでいた、「スプリガン」
最初の方は面白いかも、と思いながら、最後の方じゃ超大国の謀略かよ~ってオチで、ガックリした「ARMS」
もう期待するのはやめよう、と思って読むのをやめたんですが、古本での値段が安かったので、つい読んでしまった「D-LIVE!!」。
しかし、やっぱり前2作と、それほど変らない内容で、こんなネタばかりかい!と、もう読むまいと誓ったんですが、本屋の棚に積んである表紙を見たら、これは違う!と半ば信じ込んで読み始めた「ピースメーカー」
19日に、ようやく5巻目が出たんです。
ですが、私の住んでいる地方は、19日出ても本屋に置いてない。
この流通が進んでいるご時世に、なんで2日も遅れる?おかしいよ!
まあ、そんな愚痴はおいといて、「ピースメーカー」は、どういう話か?
簡単に言えば、ウエスタン&世界陰謀マンガ(どういうこっちゃ?)
拳銃で決闘することが、名誉という世界で、拳銃の腕前はバツグンに上手いけど、人を殺せない主人公が、いつのまにか世界を破滅させる陰謀に巻き込まれる。
陰謀の話が出てきたところで、「相変わらず、皆川亮二のワンパターンか?」と危惧したんですけど、なんとなく当たりそうな予感が・・・
謎の多い人間模様は、「ARMS」よりは面白いかも、と思いましたけど、巨大組織とか、超大国とか、そんなん「トンデモ本」で十分です。(笑)
21日に、同じ作者の「ADAMAS」4巻が出ているんですが、買ってしまうんだろうな~やっぱり。
これも、話が似たような話で・・・


PEACE MAKER 5 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2010-05-19
皆川 亮二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




ADAMAS(4) (イブニングKC)
講談社
2010-05-21
皆川 亮二

ユーザレビュー:
エスメラルダ先生3つ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック