サヨナラ勝ち

書きそこないました。
15時から、ライオンズvsファイターズの札幌ドーム最終戦を、現地ではなくBSで見てまして、これが終ってから書こう、と思って何人かで見てますと、なっかなか点数入らないんだよね。
中村〝おかわり君〟選手に、ホームラン2本も打たれ、なんとか9回までファイターズリリーフ陣ふんばり、ホークスvsイーグルス戦のはじまる18時になっても終わらず、これは延長かな、と諦めていたときに、糸井くんやっと打ったよ。
昨日は送りバント2つも失敗しやがって、最初の打席ヒット打って、あとはいいところで、サッパリだったのよ。
その後、仙台の試合も見てしまって、気がつくと20時半、なもので朝から書いてます。

前置き長くなった。
J・ティーヴァーの本を買ったと、先日書きました。よね……
この邦題なんですけど、どうにかならんか?て思ってしまうんですよ。
1作目の「ボーン・コレクター」、これは、これでもいいかも知れないけど、「骨収集家」いや、「骨と蒐集家」でもいいか。(笑)
2作目の「コフィン・ダンサー」これはいけません、「踊る棺」とかできるっしょ。コフィンなんて書かれても、なんのこっちゃ?ってね。
今読んでいる3作目「エンプティー・チェア」これだって、「誰も座らない椅子」とか、「空白の椅子」とかエンプティーという言葉使わなくてもいいんじゃないの?
エンプティーなんて、ガソリン無くなりそうな時しか使ってないっしょ。
次の4作目で、「石の猿」という題をつけられるということは、邦題つけるの疎かにしているってこと?
断っておきますが、中身の話ではありません、あくまでもタイトルが、これでいいのか?という話出歩いてます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック