みたぜぇ~

昨日は特別見るべきものがなかったので、100円レンタルになっていた映画「エアベンダー」をみてみました。
何故この映画を見たか?っていうか、映画の存在自体知らなかった、この賞を取るまでは、ゴールデンラズベリー賞を。
ゴールデンラズベリー賞(略してラジー賞)は、アカデミー賞授賞式の前日に行われる、昨年度最低映画受賞式・・・
エアベンダーは、9部門にノミネートされてまして、みごと5部門受賞!
そのみごとな最低ぶり・・・否、受賞に値する映画なのか見てみたかったからなんです。
監督は、「シックス・センス」や「サイン」を監督したM・ナイト・シャマラン。
「シックス・センス」は、まあ面白かった映画かな、「サイン」は見てません。
「レディ・イン・ザ・ウォーター」と「ハプニング」で最低監督賞を受賞しているようで、これで3度目の受賞となるそうです。
で、「エアベンダー」。
内容は、よくわかりません。アニメの実写版ということなんですが、なんで?ってシーンばかりです。
水の国、火の国、土の国、気の国と4つの国がありまして、水の国は南と北に2つある(なんで?)。
火の国は、火をあやつる技だけでなく、鉄の武器で回りの国を植民地化させている。(なんで鉄の武器は火の国だけ?)
それぞれの国に技をあやつれる「ベンダー」がいて、4つの国の技をあやつれるのが「アバター」である。
アバターの最後の1人が居なくなってから、100年経ち反乱が起こり、秩序が乱れてきた。
だいたいこんな感じだったっけ?(笑)
なんか、ウィキペディアで下調べして見ないと、サッパリ内容がわかりません。
助演のズーコ王子役には、「スラムドック$ミリオネア」デーヴ・パテールが出ているのに、こんなもんです・・・
B級映画じゃないのに、こんな映画ができるとは、アメリカ恐るべし。



エアベンダー スペシャル・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2010-12-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エアベンダー スペシャル・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック