こんなことを思う

どっかの知事みたいに「天罰じゃ!」とは思いません、けど津波の映像とかみていて、ちょっと思ったこと。
縄文遺跡がある三内丸山遺跡、大規模の遺跡で北海道から関東にかけて貿易していた痕跡があるほどの大きさだったのです。
そんな大きな集落があったなら、なんでなくなったのかな?と思っていたんですよ。
弥生人が稲持ってやってきた、とか天候が変わって寒くなったとか、いろいろあるんですが、私は地震の津波で壊滅したんじゃなかろうか?なんて思ってしまったんです。
今では内陸ですが、当時は海岸線が遺跡の近くまできており、今回の地震の被害にあった気仙沼のように、跡形もなくなってしまったんじゃなかろうか?
まあ、北アメリカプレートと太平洋プレートがせめぎあう場所なので、大きな地震がまったくない場所ではないし、過去に大きな地震のあった場所です、ないことはないでしょ。
ただ、縄文時代に大きな地震があったってことは、まったくわからない。
遺跡から、そんな証拠がでてきた、なんて話も聞かないし、妄想の範囲だわな。(笑)

この記事へのコメント

laetitia
2011年03月16日 20:42
どもーー
その説、そうかもしれませんね~
人間が記憶しているより、ずっと昔から、地球ではいろいろあったんでしょうねぇ。
昔はシベリアあたりにキンポウゲが咲いていて暖かったらしいし。
地球規模で気候の変化があって、地軸が移動したとか、いろいろ説がありますね。
2011年03月17日 20:59
どもー
iPadのアプリで、縄文時代の遺跡の案内なるものがありまして、当時は東北地方は暖かく、それほど食物には苦労しなかった、粟やヒエなどを栽培ってほどではないけど、取って食していたそうです。
地軸は何度か動いているらしいですよ。
今回の地震は、500年に一度とかいう話ですが、45億年の地球の歴史に比べたら、たびたび起きているってこと、ですか・・・

この記事へのトラックバック