まれにみる大混戦

そ~なのです。
とジョン・カビラみたいな入り方してしまいました・・・
今年のツール・ド・フランス、フランス語で書くと「Le Tour de France」 鼻に抜けるように発音してね。(笑)
3週間にもおよぶロードレースが、今日の個人タイムトライアルと明日のパリ・シャンジェリゼで終わってしまうのです。
例年だと、すでに総合トップは、ほぼ決まってしまっている感じなのですが、今年はまるでわかりません。
始まる前まで、サクソバンクのコンタドールが、ジロ・デ・イタリアの総合優勝の勢いでかっさらっていくのか?と思われたんですが、さすがに休養十分ではなく、過去の出場したときよりもキレがなかった。
圧倒的な強さがあらわれなくなると、混戦がはじまった。
それに輪をかけて、前半で各チームの総合争いの選手たちが、落車の影響でリタイヤが相次ぎ、いつの間にか残っていたのが、コンタドール、エヴァンス、シュレック兄弟というメンツになってしまった。
一時的にマイヨジョーヌを着ているものと思われたユーロップカーのヴォクレールが、10日間もマイヨジョーヌを維持することで、一層混戦に拍車がかかったようになった。
ピレネー&アルプスの山岳コースで、山岳得意なシュレック兄弟が、圧倒的な強さを見せられなかったところが、総合争いの混戦を起こした原因でも。
それにしても、見ている方にとっては、面白いツールですよ~今年は。
1位から3位までのタイム差57秒しかないんですよ。
4位でも2分10秒、パンクとかアクシデントがあれば、どんでん返しが起きる可能性十分。
特に、今日の個人タイムトライアルは、1位のアンディ・シュレックは苦手な競技で、3位のカデル・エヴァンスは得意としているもの。
まったく先がみえない展開で、もしかしたら明日まで勝負の決着がつかない?なんてことが起きる、かな?(笑)

それにしても、日本ではマイナーなスポーツを一生懸命見ている私って、へそ曲がりというか、日本人じゃないのか?
普通、野球のオールスター戦みているじゃないの?(まあ、見る気全然なかったが・・・)

この記事へのコメント

laetitia
2011年07月25日 09:09
どもーー
先日、イタリアの自転車レースの事を「世界不思議発見」で見ました。日本人選手の別府さん?かっこ良かったですよ。
2011年07月25日 20:28
どもー
今年のジロ・デ・イタリアでは、レース中に落車して死亡した選手もいました。
過酷なレースだったんですが、別府選手が「上りは永遠に続かない(だったかな?)」とコメントされていたのが、印象的でした。
ちなみに、イタリアの世界遺産の地域を回るので、観光旅行した気分ですよ。
laetitia
2011年07月28日 23:24
どもー
綺麗な風景の所を走る過酷なレースなのですね~自転車の飾ってある教会が出てきました。
2011年07月29日 00:27
どもー
映画にもなったアマルフィ海岸とか、ポンペイとか、エトナ山とかまわるんですよ。
この前のコメントのとき、名前が出てこなかったんですが・・・(汗)
フランスで、ナスカの地上絵並みの自転車のオブジェとか、ひまわり畑、アルプスの残雪を見ると、レースそっちのけで見入ってしまいます。
それにしても、フランスって城と教会の数の多いこと。

この記事へのトラックバック