はまり中

なんです、なんか突然「おおきく振りかぶって」という漫画に、はまってしまいました。
きっかけは、なんだったのか?
前からこの漫画があるってことは、知っていたのですよ。
書店の台に並べられていて、関心もなくみてたんです。
なんせ、野球漫画ですから。
子供のころには、野球マンガは全盛期で、「巨人の星」など家族みんながアニメをみてたほどでした。
私は、かの有名な「アストロ球団」というマンガで、野球マンガに入ったもので、(笑)以降「ドカベン」やら「野球狂の詩」やら、水島新二のマンガに影響受けまして、野球っていうのは、超人的な人たちがやるもの、と思ってました。(笑)
なので、その後に出てくるあだち充の野球マンガにはついていけず、野球人気自体も低迷してきて、離れていったのでした。
なんだったかな~ 暇だったから「ひかりTV」のビデオを見ようとして、
「あ、『おおきく振りかぶって』って、いきものがかりがオープニング歌っていたんだよな~ どんなんだろう?」
ってことだったか、そんなことで観たんですわ。(笑)
これが、面白かった!(笑)
すごい気の弱い投手の主人公が、高校野球を通じて、仲間と共に成長する、そんだけの話なんですが、これが面白く作っているんですよ。
少女マンガの心象描写っていうのか、心のフキだしって言ったらいいのか、その時々の心理を丁寧に描いているんです。
これは、いままでの少年野球マンガには無かった技法ですよ。(たぶん・・・)
野球の試合の心理戦は、非常に膨大な情報があるのですが、個々のキャラクターの背景には、全然ふれられていないという、非常に気になる描き方をしているんです。
百枝監督と志賀先生が、何故軟式野球部(それも部員がいなくて廃部になった)から、硬式野球部をつくったのか。
三橋は、何故祖父の学校に通うことになったのか。
いくつもの疑問が読んでいると出てくるんですが、解答はまったく得られません。
それが新鮮で、つい読んでしまったのですよ。(笑)
アニメから入ったんですけど、やっぱりマンガの方が話の枝葉もあって、面白いです。
そうそう、三橋の性格がムカつく・・・って、作者の術中にハマってしまったか。(笑)


おおきく振りかぶって (1)
講談社
ひぐち アサ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おおきく振りかぶって (1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック