スッキリさわやか・・・ とはいかない日々

本題に入るまえに、先週のちょっと続き。
「イニシエーション・ラブ」をくりーむしちゅーの有田哲平が推薦したので、やたら売れたことについて書きました。
推理小説をよく読んでいる人かと調べてみると、プロレスとゲームと合コン好きしかでてこない・・・
ってことは、出版社から金もらって、あまり売れてない本を宣伝したとしか思えない。(爆)
芸人の推薦は、怪しすぎる。

と言うことで、今週は「アナと雪の女王」を見てきたこと。
アカデミー賞長編アニメ部門でオスカーを取った映画です。
宮崎駿の「風立ちぬ」がアカデミー賞を取れなかったことで有名になった映画です。
だから、と言って見に行ったわけではないです、なんとなく、最近映画見てなかったなぁ、というだけの理由で行きました。(笑)
ディズニーのCGアニメなんです、かなり混んでいて、日本語吹き替え版しか席がとれず、えぇ~ちょっとなぁ・・・ と思ってしまったわけです。
映画なんですが、ハッキリ意見を述べると、たいした面白くなかったでした。(笑)
ディズニー御得意の家族愛いっぱい、子供が見ても、めでたしめでたしで、まったく毒にも薬にもならない映画でした。(爆)
エルサが氷の魔法を使えるのは、何でか?とか、クリストフは何で人を避けているのか?とか、なんか氷が張った大変!なんとかしないと、という話ばかりでストーリーに厚みがない、と言ったらいいだろうか。
子供向けのアニメだけど、大人が見ても鑑賞に耐えるってわけじゃなく、あくまでもお子様向きに作りました、って感じがするんですよ。
「メリダとおそろしの森」の方がよかった、「美女と野獣」には遠くおよばないし、「プリンセスと魔法のキス」の方がよっぽどよかった・・・  だんだんマニアックな方向になりそうだ。(汗)
唯一、こりゃすげーと思ったのが、氷の城の透明感。
なんか、ファイナルファンタジーみたいだぁ~ って感想が・・・  ってゲームより劣っているってことかよ!(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック