バッハの呪い

いやー 今週は、参りました。
先週、札幌駅で撮った写真をコピペして、ブログを流そうとしたのですが、水曜にエラいことが起こってしまい、しっちゃかめっちゃかになってしまいました。
ちなみに、写真はこれ⇩

画像


わかるかなぁ~ なんか変なんです。

それで大惨事!

日曜にネットオフで、ボビー・ブラウンとB・バッハ(どういう組み合わせじゃ!)のCDを買いまして、連休明けの水曜に届いたのです。
最初にB・ブラウンのCDをiTunesにいれ、アートワーク等、間違いがないか確認をし、じゃあバッハということでCD差し込みました。
タイトルが英語と日本語と選択するとのウィンドウが開きまして、日本語でいいか!とポチっと選択。
2枚組だったので、もう1枚を入れ直していると、やっぱり英語の方がいいかぁ~?と気の迷いがでました。
2枚目は英語に選択をしたので、1枚目も英語に統一しようと考えました。
曲数がかなりあったので、手入力は面倒・・・ じゃあ、もう一度入れ直すか、ということで、また1枚目をパソコンに挿入して、今度は英語を選択。
同じ題名の曲に、日本語と英語の表記が現れて、日本語表記は必要ないのでドラッグしてゴミ箱へ・・・
そんな作業を終えて、ゴミ箱を空にしようと、中身を見ると、日本語の他に英語のMP3なんちゃらと書いたデータが入っている。
なんか余分なデータが捨てられたのかぁ、まあ「確実に空にする」をポチっと・・・ 211ほどあるって?
消去のバーが3分のⅠぐらいいったところで、iTunesのライブラリを見ると、一番上にあったAcid Jazzの項目が消えて無くなっている・・・ (驚)
えぇぇ~~!
まずい!! 消去中止!!!
16枚の音楽CDのデータが無くなっている!(汗)
急いで、タイムマシンを使って(そういうアップルのシステムです、机に潜りません)、データ復活させてみたんですが、「確実に」消してしまっていたので、各CDの5~6曲目までが再生不能に・・・(涙)
それからですよ、あっちこっちの中古ショップからCD買ってくるわ、レンタル頼むわ、一から入れ直し。
ほとんど中古で手に入るもの、と言うか、中古でしか手に入らないものばかりだったので、改修金額は、そんなにかからないんですが、手間と出費が・・・・ 痛すぎる!!(泣)

なんでゴミ箱に入っていたのか謎です。
それ以降、ゴミ箱を消去するのは「空にする」のみ押す様にしてます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック