これは、画期的!

すごく画期的と、私は思ってます。

今月27日に、マンガが発売されたのです。私が愛読している「ハイキュー」というバレーボールを題材としたマンガなんです。
本というのは、1冊2冊ならいいんですけど、冊数が溜まっていくと、置き場所が無くなってくるんです。
何回か、うちの本棚の写真を掲載したことがありますが、ご承知のとおり、前後に置き、それでも入りきらず、隙間という隙間に本を差し込み、それでも置けない「ONE PIECE」や「NARUTO」は、100円ショップで買ってきたマンガ収納袋に入れて、ベッドの下に入れております。
そんな状況なので、書籍の電子化は、非常に喜んでいる1人であります。(笑)
ただ、出版社の都合で、本の発売日に、すぐ電子書籍がでるということでもないんです。
「ハイキュー」もその例にもれず、新巻発売から一ヶ月の時間差で、ようやくiBookに予約開始となる感じでした。
これだと、毎回本屋に行くたび、「くそ~ 続きが読みたいけど、いまさら紙のは買いたくねぇ・・・ (ー ー;)」というジレンマに苛まれていました。
今回、14巻が発売されたとき、「これは、年越してからか・・・ 」とかなり諦めていたんです。
昨日、念のため、いつ発売か検索して調べてみると、もう発売されているじゃないですか!電子書籍で。
これは、英断というか、画期的というか、ものすごーいことですよ。m(_ _)m
紙の媒体や本屋目線で言えば、売れなくなる可能性があるんですから。
ある程度、紙の本で売ってしまってから、電子化しておけば、在庫が無くなってから売れるので、あまり、あっちこっちから文句を言われることもないわけです。
紙と電子で住み分けが進んでいると捉えているのか、どちらも購入する顧客はいない、と判断して、ほぼ同日に販売した、ということなんだと思うのです。
日本には、再販制度という面倒なシステムがあるので、電子書籍の方が、出版社としては都合のいい形なのかもしれません。

えーと、参考までに。「ハイキュー」のキャラクターの中で、一番好きなキャラは、「山口忠」です。(笑)
人気投票じゃあ、前回の15位から7位になっておる!
まだ単行本じゃ入ってないんですけど、彼のジャンプフローターサーブが、青葉城西戦で炸裂した回に、コンビニで立ち読みしながら、「よし!」と声が出てしまいました。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック