あけましておめでとうございます。

年賀状を書かない私が、正月の挨拶をするのは、ブログぐらいか。(笑)
そういえば、先週で12月最後だったのに、「よいお年を!」なんて書くこと、すーーーかり忘れてました。(ー ー;)

年が明けて、いろいろゴタゴタがありまして、すっかり滅入っております。
ザックリ言うと、ハードディスクが2台壊れました・・・ (涙)
1つは、パソコン用の外付けハードディスクで、Appleのパソコンには、time machineという、データリカバーシステムがあるのですが、そこが壊れた。(苦笑)
写真とCDのジャケット等、画像データが入っていたのですが、パ~~ 
写真は、iPadに同じものがあったので、ただ同期すると消えてしまうところを、WiFi使って画像や音楽をパソコンに送るアプリを発見して、なんとかなった・・・ ようです。(たぶん・・・)
前に、不注意でデータ消してしまった時には、フリーソフト使ってなんとかしたものですが、今は便利なアプリがあるんですね~ 驚きました。( ´ ▽ ` )ノ

あとは、父親が危ないってことと、正月休みで家にいると、ストレスで下痢をするってことで、去年の今頃より、充実感まるでなし。
本持って、どこか静かな読めるところに行きたいぃぃ~ (笑)
ここ1週間、読み終わったのは「ハイキュー」「ワンピース」「おおきく振りかぶって」の各最新刊と、アラルエン戦記6巻「攻城」ぐらい。
「鹿の王」は下巻までたどりついたけど、まだ3分の2残っているし、なんか仕事している時の方が、本読んでいる様に思うのは、気のせいか?

ついでに話題にでたので、「攻城」のことについて、ちょっと書きます。
アラルエン王国のレンジャーの弟子、ウィルの成長の話なんです。
今回は、前作「魔術」の解決編ってことで、孤児院仲間のホラスやアリスと共に活躍します。
って言うか、本当は詳しく書きたいのですが、ネタバレになりそうなので、こんな感じで。(汗)
このシリーズは、キャラクタがたっていて、すごくいいんです。
悪党にも、悪党の理屈があって、殺されるだけに出てくるわけじゃないんです。(笑)
それと、主人公も間違いをおかすんです。それで、窮地に追い込まれたりするので、読んでいる側としては、感情移入しやすい話になっています。
実は、原書すでに12巻まで出て完結しているんです。気になって、iBooksで探して、サンプル読んだこともあるんですが、私の英語力じゃ、もうちょい´д` ;  ってとこで、諦めて翻訳がでるのを、気長にまっているんです。


アラルエン戦記 (6) 攻城 (アラルエン戦記6)
岩崎書店
ジョン フラナガン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アラルエン戦記 (6) 攻城 (アラルエン戦記6) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック