気になること

最近の気になる言葉「ハイゾレ」

なんのことかと言うと、音楽再生方法のことなんです。
レコードから始まって、音楽の再生する技術って、日々進歩し続けているんです。
CDからダウンロードの時代に移って、私みたいに収集癖があり、でも、物に場所取られるのだけはイヤ!って人には、まるで天国のような世の中になってきまして、データの大きさで優劣を決めるなんてことに。
たくさん集めると、次は、もっといい音で聴きたくなるんですよ。(笑)
そこで、目にした言葉が、「ハイゾレ」なんです。

いままでデータ再生するのに、どうしても削らないと再生できない領域があったんです。
アナログからデジタルに変わったとき、微妙な波形の音は、音にできないから、カットしていたんです。
スロープが作れなかったから、階段を作った、そんな比喩でわかるでしょうか?(汗)
時代は進み、デジタルでもアナログ並みの音楽を再生する技術ができたんです、それが「ハイゾレ」。

ハイゾレミュージックを聞くのは、ハイゾレの音楽を専用のサイトからダウンロードして、パソコンなりウォークマンにおとして聞くだけという、いたって簡単な方法で聴けるであります。
ただ、ここで私にとって問題なのが、このハイゾレ、Appleの商品だと対応してないところなんです。
iTunesはハイゾレ対応してなく、ヘッドホンアンプをつけると、一応聴けるみたいなんですが、先日ヘッドホンの調子が悪かったので、新調しようと量販店Yに行きまして、アンプ内蔵のヘッドホンというので聞いてみたんです。
はっきり言って、・・・・ よくわかりませんでした。
普段から、イヤホン・ヘッドホンで聞いているので、耳が難聴になっている可能性はあるし(ちなみに、健康診断では、耳は正常です)、年とってきて、老化しているってこともあるしなぁ。
どこまで良い音が、聞き分けられるのか、そのことを考えると、安くもない出費して、得るものが多いのか?と二の足を踏んでしまうのです。

でも、聞いてみたいなぁ~ ( ;´Д`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック