あぁ~ 売ってしまった。(ネタバレあるよ)

「NARUTO」が完結しました。
最後の少年ジャンプの掲載を読もうと思ったら、どこもかしこも売り切れ・・・ ( ;´Д`)
ま、単行本になったら買うからいいや、とやせ我慢して発売日まで待ちました。
こんな結末を15年も待っていたかと思うと、ちょっとやるせない気分です。まあ、「リングにかけろ」よりはいいか。(笑)
私の漫画及び本を読む基本姿勢は、矛盾があるお話はダメなんです。
長かろうが、短かろうが、最初にAと言っていたのが、次のページじゃBとなっている、カフカの小説かと、怪奇小説じゃないんだから、なんでもありならば、「それは夢でした」でもオッケーになるじゃないですか。
中忍試験のところで、なんかうやむやに中忍になってしまったところが、ちょっといただけなかった。
あと、なにか事がおこると、死人を生き返らせるのは、なんでしょうね。(笑)
死人に口無しとことわざ(なのか?)にもあるように、死んだ人に生き返ってもらって、助けてもらうのは、ちょっと反則じゃないのかな?
それに関連することかもしれないけど、えっ!ここでこの人が死ぬの?って場面が幾つかありました。
ネジにしても、シカマルの父親にしても、そこかよ!って。
だからって死んだ人が、あとあとまで影響残すのか?って話になると、せいぜい自来也ぐらい。
過去に死んだ人は尊重して、最近死んだ人は粗雑に扱う、それでいいのか?と思ってしまいました。
近親者が死んだばかりだから、私がそう思うのか。
死にかんして言えば、死にそうになった時、思いのたけを告白し、遅すぎた謝罪を悔いる形が幾度か出てきますが、そんな気持ちをいとも簡単にぶち壊してくれたのが、「穢土転生」。
これによって、「やっぱ、あんときごめんな」ってシーンばっかりでてきやがって、台無し。( ̄Д ̄)ノ
人生そんなにうまくいかないってばよ。(笑)

さ、そろそろまとめるか。(笑)
ストーリーとしては、それほど悪いとは思いませんが、トビの存在が長すぎるし、オビトになってからの態度急変が、ダラダラ長くやってしまった悪影響だと思います。
15年待っていて、結婚して子供ができましたの報告じゃ、ちょっと納得がいきませんでした。
全72巻売ってしまって、「しまった!」と後悔したら、この次買うときは、電子書籍にしますか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック