マイナーチェンジばっかりで

隔週に書いていたポケモンGOネタですが、あまりにもマイナーすぎて書くのを躊躇うほどなので(だってカビゴンがたくさんいる、とかミノムッチ3種類取れたとか、クレセリア2匹取ったとか・・・)やめて、最近見ているアニメのこと。

春から夏にかけて見ているアニメは、今んところこんだけ。
「RobiHachi」
「真夜中のオカルト公務員」
「鬼滅の刃」
「賢者の孫」
「盾の勇者の成り上がり」
「Fairy gone」
「異世界かるてっと」

う~ん、よう見とる・・・ ( ̄∇ ̄) まあ1つづつコメントすると。
・RobiHach
SFギャグアニメ。高松さんが監督していて、声優陣がなんとなく銀魂とかぶっているところで、内容は大体想像つくように、アブナイネタが多いです。(笑)
「イセカンダルへ行こう!」と始まるあたり、あ!これ大丈夫なのか?ってしまうけど、まあ、今まで見ていたところそうでもないかって感じです。
8話で中井和哉さんのラップが聞けたのは貴重。(か?)

・真夜中のオカルト公務員
オカルト事件専用の公務員の話。ゲゲゲの鬼太郎の公務員版ってところですか。
オカルトと言えばで「安倍晴明」が出てきて、ちょっとガッカリ気味です。もう晴明はいいんじゃねぇ?(笑)せめて「小野篁」とかちょっとマイナーなところ出して欲しい。(小野篁がマイナーなのかは疑問の余地がありますが・・・)

・鬼滅の刃
ジャンプ連載の大正時代をモチーフにした鬼退治アクションもの。
かなり映像がいいです。だから漫画の方は読まないと思う。(爆)
なぜ見ているか?それは音楽が梶浦由記さんだから。

・賢者の孫
ライノベ原作のアニメ。これ「小説家になろう」で読んでいた記憶があるんだけど、こんなタイトルだったっけ?
途中で読むのやめたんだけど、主人公が無双しすぎてつまらなくなって。
いろいろマンガ的な描き方があり、工夫しているなぁ~とは思うけど、そんだけ。

・盾の勇者の成り上がり
つい原作にまで手を出してしまったアニメ。
物語の定番、下剋上が面白い。第二クールに入ってOPがすごくよく、もうすぐ終わってしまうのが惜しい。
でも、5巻までの内容でよかったかなっと、それ以降ちょっとグダグダしすぎて・・・

・Fairy gone
これイチオシのアニメ。原作なし(一応原作はついているけど)のオリジナルでかなり良いです。
ただ、設定を説明してないので、こういう話を見慣れてない人には「?」だらけになると思う。
基本、ブルーレイとか買って繰り返し見る、そういう見方をするアニメだと思います。
スチームパンクとはちょっと違うテイスト。

・異世界かるてっと
KADOKAWAでアニメ化されたライノベ4作品のパロディ版。
KADOKAWAで出していたからできた企画で、それ以上でもそれ以下でもなし。

とそんなところですか。今回の収穫は「Fairy gone」だね。ただちょっと先行き陳腐化しそうな気配があるんだけど、それだけが心配。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック